空が近かった時

今よりも空が近かった時代がありました

 

高い建物がなく

どこまでも空が続いていた頃

 

空は近くにありました

 

遠くの空まで見渡すことができたので

誰もが天気の変わる様子を体で感じることができました

山の方から雨が来るとか

しばらく暖かい日が続くとか

そんな地球全体の様子を

誰もが体で感じて暮らしていました

 

今は空との間に電線があったり

建物に囲まれていたり

空を見上げることも珍しくなっています

 

そびえ立つ建物は空を近くに感じるどころか

なぜか空との距離を遠くにしてしまいました

 

空には光があります

空は宇宙へと続く空間です

 

空を感じることは

宇宙を感じることと同じです

 

それでも空が近かった頃のように

木は枝を伸ばし

鳥もさえずり

虫たちも飛んでいます

 

空を見上げて

光を体に取り入れて

自分のオーラを輝かせます

 

雨の日も

太陽は見えませんが

雨雲の向こうから

光を放っています

 

 

*エグレット*

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA