鏡の置き方について

子供の頃、やってはいけないと思いながらも

やってしまった遊びがあります

 

三面鏡の扉を2つ向かい合わせにして

その中に顔を入れて鏡の奥を覗くこと

 

誰に注意された訳でもないのに

「してはいけないこと」と感じていました

怖いもの見たさ、ホラー映画を見るような感覚で

時々三面鏡をいじっていました

三面鏡の右側と左側の鏡を向かい合わせて

永遠に続く鏡の道を作っては、中を覗いていました

 

何かあったらすぐに逃げれるように

決して座らずに、足は中腰にして覗きました

1日に何度もやってはいけないと自分の中にルールを設け

鏡を覗いた後は、逃げるように人のいるところへ行きました

もちろん普通に髪をとかしたり洋服を着た時など

日常的に三面鏡を使っていました

ですが合わせ鏡にすることは

「しちゃいけないこと」と感じていました

 

引越しの際に三面鏡を処分することになった時には

もう合わせ鏡の誘惑に駆られずに済むと思うとほっとしました

合わせ鏡は今思い返しても怖い遊びです

 

家の中には鏡をあまり置かないようにしましょう

洗面台や玄関の靴箱の扉の裏などに鏡があれば十分です

部屋に姿見をおく方がありますが、お勧めしません

鏡は狭い場所に置いて

決して住んでいる様子が見渡せるようにしないことです

 

鏡は通り道になります

方角や土地柄など、相まって次元の通り道になることがあります

鏡がどうしても部屋の中にあって動かせないような時は

パワーストーンを置いたり、植物を置いたりして

こちら側が生き物の世界であることを示すようにします

ただその場合、石のパワーはなくなりやすいので浄化などをまめにするようにしなければなりません

植物は枯れやすくなるでしょう

鏡に布をかけるなどの応急処置の方法もありますが

私は布を外す時が怖くなってしまいますので

鏡自体を置かないようにしています

 

玄関の扉と鏡が合わせになっているのも良くありません

また壁を隔てて合わせ鏡になっていないかも注意しましょう

 

ビジネスホテルなどは、鏡が合わせになっていることがあります

以前出張先で泊まったホテルが

何か居心地が悪いと思ったら

壁に括り付けられた姿見と扉を開けたシャワールームの鏡が合わせ鏡になっていたことがありました

扉を閉めて間に物を置いてやり過ごしたことがあります

 

敏感で見えやすい体質の子供には

怖い夢を見てしまうことがありますので

夜は鏡を見せないほうが良いです

 

鏡や鳥居などは次元を隔てるアイテムであり

次元を繋ぐアイテムにもなります

 

*エグレット*

 

 

 

 

 

扱い方

人に対して接する時

誰に対しても大切な扱い方をすると

それがやがて自分へ還ってきます

大切に扱うということは

気持ちが伝わりやすい行為だからです

 

大切に扱うという行為は人には見えません

ありがとうという感謝の気持ちを見返りとしてもらうこともありません

だからこそエネルギーが残ります

 

大切に扱われた子供は愛情を持った大人へ成長します

もちろんチヤホヤしたり過保護にするという意味ではなく

あなたは唯一無二の存在なのだということを意識して接することです

それは自分の子供だけに限ったことではありません

 

また身近な人に対して、その人がどんな人であろうと

その人を大切に想う近親者いるんだ、この人も大切な存在なんだ

という扱い方をすることで

良い波動が相手との間に流れます

相手を嫌いでも構いません

全ての人を好きにならなければいけない訳ではありません

嫌いな人でも大切に扱うということです

 

身体も大切に扱うことで健康が保てます

健康食品やストイックに鍛えるということではなく

自分の脚や腕などにありがとうという気持ちを持つことです

時間がなく慌ただしい時など

手や足を雑に扱ってしまいがちです

扉に軽くぶつけたりとか

つまづいてしまったりすることがあります

そんな時こそ自分の体に謝って

いつもありがとうという言葉をかけましょう

 

植物に感謝の気持ちや褒め言葉をかけながら育てると

そうではない植物と成長の度合いに差が出ると言われています

 

人に対してももちろん

物に対しても大切に扱います

大切に扱うときに出る目には見えない優しい波動は

物に宿ります

優しい波動が物からも発せられます

物から発せられる波動があなたの身の回りの空間を良い波動で包みます

 

気が立っていたり、争いがあった時はどことなく殺伐とします

その場面を見ていないのに雰囲気でわかります

 

大切い扱っていたらやはりどこかで伝わっていくものなのです

 

あなたが身近な人を大切に扱うことで

遠くにいるあなたの大切な人も誰かに大切に扱われていることでしょう

 

良い波動は自分から発して

取り巻く世界をより良いものにします

 

身の回りのもの

人や生き物、持ち物、自然など

大切に扱います

 

まずは朝起きた時

自分自身におはようという言葉をかけて大切に扱って1日を過ごしましょう

 

*エグレット*

波動・開運などに興味のある方

対面またはオンラインでのワークショップを行っています

お問合せフォームよりご予約ください

 

エネルギーワーク

対面1時間 /12,000円・オンライン1時間 / 10,000円

個人差がありますが習得まで5回〜10回ほどかかります

試しに1度受けるだけでもOKです

 

クリアになることで変化を起こす

前世での記憶

やり残したこと

悔しさ

幸福感

すべてを忘れて

クリアになって私たちは生まれてきます

 

赤ちゃんは泣いて笑って

悩むことなく育ちます

 

やがて環境が

考えるということを余儀なくさせます

 

私たちのクリアなマインドに

やがてたくさんの悩みや考えなければならないこと

思い込んだものが積み重なっていきます

 

クリアな状態は心も身体も健康です

 

重く鬱積した悩みは

心や体を少しずつ気付かないうちに蝕んでいきます

 

悩みがあるから眠れない

身体が重くて動かない

食べすぎてしまうなど

 

小さな一つのきっかけが

やがて大きく膨らんでマインドにのしかかってきます

私たちは目という器官を普段の生活で重視していますので

見えることに対しては敏感ですが

見えないものに対しての対策は

後回しになってしまいがちです

メディアに対して振り回されやすいのは

見せられているという事が大きな一因です

 

人は一生懸命にあれこれ考えて

目に見える出来事に対して対処しようとしますが

1番の解決策はまずマインドをクリアにしてから出来事に対処する事です

迷いや不調を携えたままでは出来事に対処する力は発揮できません

 

人生で出会う超えなければならない出来事に対して

あれこれ思い悩んで対処するよりも

マインドをクリアにして六感を研ぎ澄ましている方が

難なく飛び越える事ができるのです

 

クリアでいるのには

内面の問題に対して向き合い整理していくことがポイントになります

 

内面のクリアさは

外からくる問題をもクリアにする力を発揮します

 

自分がどんな本質を持っていて

素直に受け入れることができているか?

何を幸せと感じ

外からくる悩みに心を向わせるのではなく

大切に想うものに心が向き合うことができているのか?

とてもシンプルなことですが

本当にクリアになるまでには結構時間がかかります

せめてその日1日の分だけでもクリアにしておきたいものです

正直に気持ちと向き合い

きちんと瞬間瞬間を大切にすることで

気持ちよくクリアに1日の終わりを迎えることができます

 

本当にクリアになるには

過去の手放せない思いや

手放したと思い込んでいる出来事に対して

どこかで一度きちんと向き合っておくことが必要になってきます

 

*エグレット*

zoomでオンラインセッション受付しております

1時間 / 8,000円

何度か受けていただくことで

マインドがクリアになり、取り巻く環境も変化します

 

 

 

 

予定を立てること

何か実現したい事があるなら

スケジュール帳に記入するとよいです

 

普段の忘れてはならない予定を管理するのには

アプリなどを使うととても便利です

 

もし「旅行に行きたい」とか

「デートの約束がダメになりませんように」

など実現したい予定はスケジュール帳に記入しておくことをお勧めします

紙は記憶が宿りやすく感受性が豊かなので

無機質なデータ管理よりも手応えがあります

もちろん何も予定しないよりはスマホでもパソコンでも

仮の予定としてスケジュールを組んだ方が実現しやすくなります

 

予定を立てる時にエネルギーが動いています

そのエネルギーを持続させる事がポイントになります

 

*エグレット*

人生の大きな予定を立てる時

運命の22年周期を取り入れると実行しやすくなります

セッションのご予約はお問合せフォームよりご予約ください

東京馬喰横山付近でのセッションになります

 

決めてかかること

決めてかかることには

良い事と悪い事があります

 

決めてかかるという行為は視野を狭め、心を固くします

 

決めてかかってはいけないことの一つに

人に対して決めてかかる事があります

人を判断するとう行為はしてはいけないことの一つです

人にはいろんな一面があり

時や場所や相手によって見る部分が限られます

良い年まわりの時には穏やかな面が見られた人も

悪い年まわりの時にはダメな部分や弱点が目立つこともあります

決めてかかってしまうとお互いの可能性がつぶれてしまいます

 

ネガティブなことも決めてかかってはいけません

「どうせまたうまくいかないんだろう」とか

「私の人生はいい事がなかった、これからもいい事なんてないだろう」

とか普段から口にする人には

ラッキーな事が起こる確率はとても低くなります

 

決めてかかるという行為にはエネルギーが流れます

謙虚にしているつもりでも

ネガティブなことを口にしたら低いエネルギーが流れて

効果を発揮してしまいます

 

反対にポジティブに決めてかかることは良いことです

 

「九死に一生を得たし、今まで大変な事も何とか大丈夫だった。

これからはいい事があると思う」

と口にしていると幸運が訪れます

未来をくよくよ心配するよりも

「今までも何とかなったんだし、これからはもっと良くなるだろう!」

と決めてかかることは未来を良くするエネルギーが流れます

 

運勢には良い時と悪い時が巡ってきます

悪い時には「これを過ぎれば良い事がある」

良い時には「今は良い時、たのしもう!」

と気持ちをさっぱりと切り替えます

人に対してもその時の環境に対しても「絶対」という考えを持たずに

「こういう時もあれば、違う時もきっとある」

という風に広い視野で決めてかかると

すき間が出来て良いエネルギーが流れます

 

 

 

 

 

 

 

気づくこと

本当は見えているのに

気づかないこと

 

本当は知っているのに

忘れていることがあります

 

目の前の世界は広く

目新しいものに溢れていて

変化する世の中に追いつかなければと

日々追われてしまいます

 

目の前のものばかりに捉われてしまうと

視界に入らないものに対しての対応が

疎かになってしまいます

自分の中に広がる

心という名の宇宙には

向き合わなければないないことや

正直にならなければならないことが多々あります

心に深く潜って探る作業には

意地をはったり

人のせいにしたりという

細工が通用しません

そのために追われる日常を理由

気づかないフリをすることがあります

それはますます自分という裁量を

浅く小さく狭めるという

負の行為になります

人は色々な理由をつけて自分に優しくあろうとします

その優しさは本当の優しさかどうか

逃げるための口実にならないか

自分に優しくあるということは何か 

たくさん気づかなければならないことがあります

 

今生の人生で自分をどこまで深く見つめて

気づくことが出来るかは人生の課題です

 

*エグレット *