深く一つひとつ考える

スピリチュアルな能力は

私達の潜在意識にあります

スピリチュアルな能力は

まじないや儀式で呼び起こせるものではありません

何かを得ようと

方法を選択するとき

人は簡単で

一見確実に見えるものを望みます

秘密の言葉やアイテムを知れば

スピリチュアルな能力が手に入ると誤解している人が多くいます

スピリチュアルは

古代から日常生活の中にあります

もともとは隠されていなかったものを

埋もれさせたのは他でもない私達です

チャネリング、サイキックやヒーリングなどを行うには

広い視野を見渡す第三の目が必要です

眉間の間にある第三の目は

日常を俯瞰することで開きます

自身のすべての行動、言動を突き詰めて考えることです

〝どうしてそう話したのか?〟

〝その理由はどんな感情から成り立っているのか?〟

〝相手はそれにどう感じただろうか?〟

〝自分が相手の立場だとしたらどう感じ考えるか?〟

行動の一つひとつ

言葉の一つひとつを考えます

「そんなことをしていたら生活できない」

と言う意見をたくさん聞きます

ですが自身を何も高めることをせずに人生を費やしていくのが良いのでしょうか?

人生を謳歌している人は

本能的に行動や言葉の奥深くを理解している人がほとんどです

例えば

仕事に精を出し、仕事の事で悩みます

それは本当に仕事のことが問題なのでしょうか

家庭で親、夫、妻が自分を認めてくれない

だからせめて仕事で頑張る

でも職場にも不満がたくさんあるという場合

仕事の悩みを解決する前に家庭での関係性を見直す必要があります

人は自分の事となると見て見ぬ振りをしてしまいますが、あえて俯瞰してみます

相手は自分に冷たい、愛してくれないという問題があったとします

相手が愛してくれない以前に

自分は心から相手に愛をおくったのでしょうか

誰かのせいで自分の感情が左右されるのは

自分の人生をその相手に委ねていることになります

自分が誰かの人生を委ねられたら重責を感じませんか?

みんな自分が生きることに精一杯です

誰かに左右される事なく人生を過ごすことが大切です

それは私たちの課題の一つでもあります

その上で大切に想う相手に愛をおくります

そうしていくと悩みは職場ではなく自分自身の心の中にあったことに気がつきます

突き詰めて考えた結果です

考えなかったら何度転職しても上手く行かなかったでしょう

そうしていくうちに自分は社会不適合者なのではないかと思うようになってしまいます

第三の目を開くにはまず自分自身を知ることから始まります

そのために日常の中での自分自身の行い一つひとつを考えます

それがチャネリング、サイキックやヒーリングを行う上での土台になります

滝にうたれたり、何処かに参拝する必要はないのです

自分の心に触れ

他人の心に触れ

自然に触れることで感じる力が育っていきます

そして俯瞰することで広がった視野が先々の事象を捉えるようになります

*エグレット*

人生は思い描いた通りになります

ビジョンを描くことで

人生をよりよく

設計することができます

人生は思い描いた通りになります

ビジョンを描くには

まずイメージが必要です

光や美しいものをイメージしていれば波動も軽くなります

悩み事やイライラすることが多ければイメージするものも重たく

波動も重たいものとなります

光をイメージしてくださいと言われてイメージ出来ない人が多くいます

常にスマホやテレビなどの作られたものばかりを受け入れていると

松果体が閉じてしまいイメージする力も失われていきます

今は9月も半ば、秋になって都会でも時々、微かに虫の声が聞こえます

虫のこえや風のざわめき、秋の匂いに五感を使うことでイメージ力は回復します

 

イメージすることは自身の日常や人生をよりよいものにしていきます

よいものをカタチづくるためにクリアなイメージを習慣づけます

そのためには不愉快な気持ち

怒りや悲しみの感情を

持っていてはいけません

そういった感情を持った時は

手放しましょう

手放し方は

ゆっくりと自分の内側に向かいます

自分は怒りを持ち続けるような人か

悲しく沈んだ性格の人か

考えてみましょう

そして怒りや悲しみを持っているのは居心地が良いかどうかも考えます

ここで大切なのはそんな感情にさせた相手や出来事を憎まないこと

外部のものによって自分の感情を左右されることは感情を操られるのと同じこと

自分の人生を外部の出来事に明け渡すことになりかねません

人生は自分の思い描いた通りになります

自分の思いがクリアであるかどうか

常日頃からチェックしていきましょう

転換期の今

多くのスピリチュアリストが

今が転換期だと言っています

私たちはシフトアップの時期に来ています

それは個人個人が

それぞれ内なるものに結びついた後に

互いを尊重することでシフトアップしていきます

今までは

一体となって目的を目指していました

互いを助けあうことや一致団結することを良しとして

シフトアップを目指していたのです

それにはとても長い時間がかかりました

結局一致団結によってシフトアップを目指しましたが

当初の目的から大きく外れたため

軌道修正は個々で行うことになったのです

今、社会が向かっている先に疑問を持った個人個人が

本来の大きな目的に向かってそれぞれ軌道修正しています

私たちが目指しているものは古来よりずっと変わりません

それは愛と平和です 

愛という名目や平和という名目を掲げて

組織は動いていますが

名目は名目に過ぎず真理は異なっています

視野を拡げた目で見ると向かう先がズレているのがわかります

もし違和感を感じることが出来たのなら

個人個人がきちんと内側に向き合う事で外れた軌道を修正できます

人はたくさんの同じ意図の中にいた方が心地よく、安心できます

 

たくさんの中で異を唱えることは難しいと感じますが 

軌道を修正するために異を唱える必要はありません

個を独立させて自身を確立させれば良いのです

自分の内側に向かって正直に問う事

「エゴではなく自我ではなく

それは愛に通じるものなのか?」

そして依存を手放し覚悟を持つことです

周りと同じという安心感を捨てる事です

私たちはもともと守られた存在ですので

社会に安心を求める必要はありません

人と同じでない事で感じる不安は手放し

人と同じでない人を非難する思考は捨てましょう

そのことで何かを叫ぶ必要も誰かに訴える必要もありません

変えるのは自分です

ただ自分だけが

軽やかに波動を上げてシフトアップすれば良いのです

一人の決断に最初は不安を感じるかもしれませんが

一人二人と続いて行く道に

いつしか足跡が残り

それに続く人が現れます

混沌の中で叫ぶよりも

混沌から抜け出して見本を作りましょう

そのためには自分の内なるものとしっかり結びつき

外界に惑わされずに聡明でいることです

*エグレット*

怒る人

怒るという行為は何かに腹を立てること

怒りっぽい人は自分が正しいと思っている人です

自分の枠組みがあって

そこから外れた人や物事について感情を波立たせます

「最近腹立たしいことばかりある」というときは

本当に自分の枠組みが正しいのかを考えてみるとよいでしょう

もともと正しいことなんてないのですから

怒ること自体必要のないことです

もちろん子育てにおいて叱るということは必要ですが

それも生きる力を教える上でのことになりますので

やはり怒るということは必要ありません

怒るという行為はエネルギーを過剰に使いますので

結構疲れます

*エグレット*

枠を外す

人の振り見て我が振りなおせ

ということわざがあります

他人の行動を見て、良いところは見習い悪いところは改めよということです

自分をかえりみる行為です

そこにもう一つ付け加えてみます

相手を型にはめた認識で見ていないかにも注意します

「あの人はこんな人だから」という

自分の思い込みの枠を相手にはめていないか確認します

狭い認識だけで相手を見て

自分との類似点だけを探すのは良くありません

人生は思い描いた通りになります

周りは敵ばかりだとか

あの人はいい人でこの人は嫌な人とか

自分で思い描かないようにしましょう

たくさんの自分の味方を作って日々を過ごすのではなく

すべての人が自分と同じなんだという認識を持ちます

どんな人にも無防備な子供時代があり

環境の中で感じたり考えたりすることがあります

それは自分も同じこと

自分の良い面悪い面を静かに眺めて

悪い面を奥深くにしまって置きましょう

誰かを悪いと判断することは

奥にしまった自分の悪い面に

触れることになりますので要注意です

明るいところで陽がさせば影ができるように

良い面と悪い面は切り離せません

暗いところでは陽も影もできません

私たちは常に陽の当たる場所を思い描き

光も影も受け入れるようにしましょう

おおらかな気持ちと視点が

自分とその周りの人を良い波動で包み

幸せにします

*エグレット*

繰り返しをやめる

繰り返しのループから外れると

一段と自分の世界が広がります

自分のした過去の過ちや 

目につく他人への批判をやめて 

真っ新な世界へ踏み出します 

そのために何かする必要はありませんが 

自分の内側で

しっかりと決心することが必要です  

儀式などのおまじないは

外側のエネルギーを使うので

楽に踏み出せる気がします 

儀式やおまじないのように

人任せにしたものは脆く崩れます 

「新しい自分になろう」そう思った瞬間に

景色は開けます 

扉が開くだけで

自分へ入ってくるものも

一段と増えていくのです 

今いるループは同じことの繰り返しで

楽かもしれません 

または、苦しみながら

今繰り返している日常があるなら

「ここから脱出しよう」と決めませんか? 

決めるだけで

道が自ずと用意されるものです

※エグレット*