カードからの後押し EIGHT OF WATER ,SEVEN OF AIR

私はよくカードを引きます

カードを引くタイミングは

結構どうでもいいことだったり

とても大切なことだったり

 

身近な人に

「そんなことでカードを引いていたら

いざという時どうするの?」とか

「なんでもかんでもカードに聞いていたら

自分で決められなくならないの?」と言われます

 

カードはヴィジョンを視覚化してサポートしてくれる存在です

カードに決定権はありません

私はスキルアップのためによくカードを引くのですが

カードを引いた後の選択は

自分が望むことを選択します

カードを引き過ぎることで優柔不断になることは決してありません

 

カードを引いて、自分なりの選択をした後は

「カードが見せてくれたヴィジョンはこういうことだったのだな」と

後からもう一度振り返ったりします

振り返りの作業は過去に囚われるという意味ではなく

過去を手放すために行います

未来の選択肢の参考にもなります

 

今朝のカードは

左が REVERSE の EIGHT OF WATERE

右が SEVEN OF AIR

私の問いかけは、

あることを

「した場合」の答えが左

「しなかった場合」の答えが右でした

 

左のカードの意味は“過去のパターンを手放しなさい”という意味

考え過ぎを示す EIGHT OF WATER が 

REVERSE という形で出てきました

「Hey! もっと気楽に行けよ! take it easy!」

そんなカードの声が聞こえます

 

そして行動を起こさなかった場合右側のカード SEVEN OF AIR

見るからに「後悔がどよ〜ん」といったカードですね

SEVEN OF AIR は

光のカードと言われるタローデパリのカードの中でも

珍しくネガティブさを示すカードです

カードは78枚ありますがここまで視覚的にどよーんと訴えるカードはありません

つまりカードからの私へのアドバイスは

「した場合、しなかった場合なんて

ごちゃごちゃ言わないでさっさとアクション起こせ!」と言っています

SEVEN OF AIR が左のEIGHT OF WATER をさらに後押ししています

今回の私の選択ももちろん「すること」「した場合」を選びます

早速今日のアクションを起こします!

 

*エグレット*

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA