心が繋がる

今私たちはSNSなどを通じて遠くの人と繋がっています

電波という目に見えないもので繋がっています

私達にも

もともと人と繋がる能力があります

どんなに遠く離れていても

思いやる気持ちがある時に

人は繋がります

例えば、虫の知らせというものがあります

今は何かあった時など

危機があった時のみに使われることが多い言葉ですが

古の時には良い知らせにも使われてきた言葉です

ではどんな時に

相手に繋がるのか?

それは相手を思いやった時です

自己中心的な愛ではなく

無償の愛で思いやった時

相手に伝わります

否定的な思いや出来ないという思い込みが

相手との繋がりを断ち切ります

あなたが相手に見返りを求めずに

ただ相手の幸福を祈るとき

強い絆が結ばれます

毎日毎日連絡をとりあうことが絆ではありません

いつか会う未来に備えて精神的に成長したり

経験したことの成果を内に秘めて波動を高めたりします

美しい景色を見た時に誰かを思いやったり

良い体験をした時に分かち合いたいという気持ちを大切にします

そうやって強く鍛えた心は

自分が想う大切な人との繋がりを育てます

心と心で繋がると

強い気持ちが育まれて

人生を生きる力を強くします

*エグレット*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA