心の奥の虹色

休みの日の夕方

ただ雲を眺めるのが好きです

雲はじっとして同じ形に見えますが

ちょっと目を離すといつのまにか形を変えています

 

日が射したり

曇ったりと

形だけでなく

色も絶えず変わります

 

木や花を見るのも好きです

風になびく姿が好きで

揺れる葉を見ていると

見えないものの存在を確かに感じることができます

 

忙しくて自然の風景が見れない日は

パワーストーンを夜眺めます

 

色々な角度から

表面を眺めたり

奥の方を覗いて見ます

 

傷があったり

黒い点があったり

虹色の光が差し込んでいたりと

見るたびに色々な表情を見せてくれます

 

日常の物事や周囲の人にも

様々な表情や事情があります

 

人との関わり方に関する相談は

たいていお互いの一面だけを見て仲違いすることが多いようです

 

当たり前のことですが

人も前から見るだけでなく

 

上から見たり

 

下から見たり

 

後ろから見たり

 

その人の中から見てあげることも大切です

 

例えば

大切な人の弱い部分を見て

心が痛んだり

 

幼いと思っていたら

大人だったことに驚かされたり

 

憎い人だと思ってたら

歯を食いしばって頑張る人だったり

 

人にも様々な一面があります

 

どんなに優しい人も

体調が優れない日は無愛想な時もあるでしょうし

 

強がってるのは

寂しさの裏返しかもしれません

 

物事も悪い一面だけを見れば最悪なことで終わりますが

その時の経験として捉えて

未来でもう一度思い返して見ると

却って良い出来事だったと思えることが多々あります

 

 

自分の表面の黒い点も

 

心の奥の虹も

 

自分を取り巻く世界の全てを

 

彩りを持って見渡すことで

 

自分自身の魂が晴れやかになります

 

清らかで純粋であることを想い出します

 

 

 

*エグレット*

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA