恋愛成就について

 

恋愛相談でよく受ける質問の一つに

「相手が自分を好きか?」というのがあります

 

カードを引くことで相手の気持ちを確かめることができます

ですが、気持ち・心は常に変化します

 

嫌われることをすれば

好きと思われていても嫌いに変化してしまいますし

今は好きという気持ちがなくても、やがて好きになることもあります

 

時を経ても変わらないものに

魂の本質というものがあります

 

その人の本質を知って

自分の本質とどう向き合えるかを探ることで

長く付き合うことができます

 

本質でお互いに向き合うことは

うわべで相手に合わせる必要がありませんので

お互いが心地よく過ごすことができます

 

理由がないけれど、とても惹かれるという場合は

直感で本質をみている場合があります

 

人を好きになったら相手が自分をどう思っているのかではなく

自分が相手をどう思っているかを心の奥深く考える必要があります

 

・社会的地位や金銭面で余裕があるから安心できて好きなのか?

・顔や体型などの外見が好きなのか?

・一人は寂しいから好きな人が欲しいのか?

・早く孫の顔を親に見せたいからという理由でパートナーを探しているのか?

 

社会的地位や金銭面で余裕を持っているから好きという理由の場合は

もっと社会的地位や金銭面の余裕を持っている人が現れても気持ちは変わらないのか?

 

外見を好きな場合は、歳を重ねて外見が変わっても好きな気持ちは持続するのか?

 

自分の気持ちに正直になって考えてみます

 

一人が寂しいと理由なら誰でもよいのではないか?

その人を選んだ理由をもっと深く見つめてみます

 

早く孫の顔を親に見せたいからという理由の場合

自分の親孝行のために相手を利用していないかをきちんと考える必要があります

そもそも親孝行というものは生まれきた時点で終わっており

課せられたカルマとエゴであることを知らなければなりません

 

そして一番多く見られる理由の一つに

相手を良いと感じているので

相手が自分を好きでいてくれるのなら自分も好きだというパターンです

 

相手が好きでいてくれるのならという条件付きの好きは

自分の中に好きな理由がありません

ですので今相手も自分を好きで上手くいったとしても

別れが待っています

 

始まりは簡単な理由で構いません

ですがもし成就させたい想いがあるなら

どこかで深く向き合う必要があります

 

直感で人を好きになった時

前世にゆかりがあると言った場合が多々あります

そして前世にゆかりがある人や運命の人というのは

今世に何人もいます

なぜなら何度も重ねる転生の中でたくさんの人と縁を結ぶからです

 

そしてその中の誰かがあなたに近づいてくれる訳でも

好きだと告白してくる訳でもありません

あなたがあなたの好きな人を選ぶ立場にあり

自分を好きになってくれるように、自分を磨くしかないのです

 

人生は相手の出方ではなく、自分がコントロールするものだからです

 

もちろん縁のある人とは今世でも出会いの場がセッテイングされていますし

お互いに惹かれやすい傾向にあります

でもそこから関係を発展させたり持続させるのは

相手ではなく、自分自身になります

また待っているだけで、行動を起こさなければ

「今回は縁がなかったということで」という終わり方もあります

 

もし相手が自分を好きかどうかを知ったら

相手に好きでいてもらうためには相手の何を理解すべきかを考えます

それは自分の中の好きという気持ちを大切にすることになります

 

自分の人生の舞台は自分が脚本家でありキャストも自分で選ぶことができるのです

いますぐ相手に想いが伝わらなくても、時間をかけて届けることはできますし

自分自身が変化していくこともあります

その途中で何人かのゆかりのある人運命の人と出会っていけるように設定されています

 

好きな人ができると相手に何かを求めがちになってしまいますが

まずは自分の心と向き合うことで

なによりも自分に、そして相手を大切にすることができます

 

そうして

たくさんの人で溢れている世の中を楽しんでください

*エグレット*

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA