月を見て思い出すこと

十五夜、十三夜と

中秋の名月を楽しみました

 

もともと月が大好きですが

秋は特に

月が美しいので

毎晩のように月を楽しみます

 

前回の人生の最後の瞬間に見たものが満月なので

月を見ると殊更、想いが溢れてきます

 

寒さ、恐怖、痛み、諦め、悔しさ

そして

膨らむような温かさや幸福感

 

月はレコードキーパです

 

太古の昔からあってどこからも眺めることのできるもの

 

前世の前前世の

またその前世の自分も見ている共通の物質です

 

その時々にどんな気持ちを投影していたのか

月を通して感じることができます

 

強過ぎない光

暗闇を照らしてくれる月

 

男性だった時に

 

女性だった時に

 

生まれてきて

 

若い頃に

 

年老いて

 

きっと何度も何度も見ているはずです

 

月が生まれ変わりのすべてを見守っています

 

空っぽにして

月を眺めることで

ずいぶんと昔のことを思い出します

 

そして未来の自分へもメッセージを送ります

 

 

 

*エグレット*

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA