自分を主役に

人生という長いステージの中で

自分をきちんと主役にしていますか?

 

悪い意味でとられがちな

自分中心に世界が回っているという言葉を

いい意味で使いましょう

 

あなたの人生は

あなたが中心の

あなたが主役の舞台です

 

あなたが降板すれば代役はいません

 

親、兄弟、友達、同僚、上司、恋人

出てくる登場人物はあなたが選べます

 

親孝行しようとするあまり自分の好きなことをしない

友達ばかりたくさん登場させようとして自分の出番が少ない

恋人という役者が欲しいだけで本当はそれほど好きという感情はない

嫌な人がいつもあなたに意地悪していて心地よくない

 

自分だけの人生です

好きなことをたくさんしましょう

 

嫌な人は脇役です

人生という長い長いステージ

ずっと独り舞台がずっと続いても面白くありません

 

ピリッと嫌味な人がいたり

 

ハラハラするようなことが起こったり

 

世間体ではなく自分が心から好きと思える人とゆったり過ごしたりします

 

舞台の小道具、大道具は本当に自分が好きなものだけを揃えればよし

人と同じものを作っても後で見返した時面白くありませんよ

 

誰かがこう言ったからああなるとか

あの人のせいで自分がこう出来ない

なんてことはありません

それはきっと他人の舞台で活躍しているのでしょう

 

自分の舞台で主役をはります

 

たくさんの脇役の中であなたが一番輝く舞台を作ってください

 

あなたがいるから

太陽があって

空があって

宇宙があります

 

 

*エグレット*

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA