表と裏

自分がいつも見る方を表側だとしたら

裏も見るようにします

 

白い裏側にある黒いもの

明るい裏側の暗いもの

愛の裏側の憎しみ

心配の裏側にある束縛などなど

物事の全てにおいて

表と裏を受け入れます

 

決して表側が正しいわけではありません

裏があるから表が成り立つ

一対であることを認めてあげます

 

全てを受け入れること

 

受け入れた上での選択と

知らないでただ表を選んだだけでは違いがあります

 

人間関係も

仕事も

家庭も

日常において

表と裏側を見る癖をつける

一が全

全が一

色々な角度から捉える癖をつけることが

心の次元を広げていきます

 

四角い箱のような心ではなく

まあるい宇宙の心でいること

 

心の本来の姿であり

目指す行き先でもあります

 

*エグレット*

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA