心の奥を追究すること

心の奥にあるものを

いつも見つめなければなりません

表面的な行動や感情の奥底にある心の原動力まで遡ってみることです

心を追究する行為です

慌ただしい日常の中では

追究するという事がなかなか出来ないことかもしれません

追究することを

しつこい

堅い

生真面目

という見方をする傾向があるので

追究して考える事に負のイメージがあります

親切の奥底には

強すぎる自我や承認欲求

頑張りには

自惚れや自尊自大や渇愛

冷たい態度の裏には

見守る姿や信頼が隠れていたりする事があります

怒りの感情は

たいていの場合、人に向けられていますが

自己が満たされていたら

そもそも怒りというものは生まれてきません

本当に相手に対して怒っているのか?

自分を不当に扱われたことによって

傷ついた自分を守るために人に向かって刃を向けているのではないか?

と自問する必要があります

時には一人の時間を設けて

静かに心を追究する事は魂の成長につながります

また日々の隙間時間に

見かけた日常の風景から追究することも出来ます

その時は自分が

誰かの意見に傾倒したりしていないか?

意見を持たずに、ニュートラルな心であるか?

に注意します

追究する時は中立した無心の状態で物事を見るようにします

下心というように

表面的な行為の下にある真意を意識しましょう

下心とはいやらしい意味だけで使用する言葉ではありません

自分は果たして本当に優しいのか?

その優しさは人の目を気にしているのではないか?

自己承認欲求を満たすための優しさではないのか?

など、とことん追究してみましょう

その上で行動することは経験として積まれていきます

ですが、みて見ないフリや

そのように振る舞う嘘の上塗りは

魂を曇らせていきますので要注意です

人の行動、自分の行動

奥底にあるものを見つめます

*エグレット*

縁を切りたい時

誰かと縁を切りたいと思ったことはありませんか?

縁の切りたい人との関係は

付き合いのあった異性だったり

職場の人だったり

あるいは血縁者だったり

人によって様々ではないでしょうか?

その人とは、何かしらのいにしえの縁があって

今世でも出会っているわけですが

もちろん縁を切ることが出来ます

むしろどうして縁が切れないと思うのでしょうか?

毎日会う人だから

親戚関係にあるから

縁が切れないと思う理由は多々あるかもしれません

その人と今世で出会った理由は何でしょうか?

何かを一緒に体験するためだったり

その人と出会う事で

自分の前世での感情を整理するためかもしれません

中途半端な関係のままでいると来世でも同じ体験をすることになります

今世でしっかりと学びを受けとって綺麗さっぱり縁を切るのも一つの選択肢です

縁を切ることは自分次第です

そのためにする事は

・相手の存在に感謝すること

・相手に受けた感情を許すこと

・相手の幸せを願うこと

この3つの事を成就させて心の中で別れを告げます

そうする事で相手との関係が遠くなります

そして相手の幸せを願ったら

もう2度気にかけないという覚悟も必要です

自分を追い詰め過ぎる前に

誰かを憎む前に

新たな縁を結ぶために

いにしえの縁を切ることも時には必要です

それには

相手への許しと自立する覚悟を持つことです

自身を取り巻く新たな世界が広がります

*エグレット*

相手との関係性やどうやって感情を手放したら良いのか

ヒーリングセッションでアドバイスします

お問合せフォームよりご連絡ください!

宇宙と人生のリズム

世の中にはまだ

頑張ることを推奨する傾向があります

頑張ったから

これだけのものが得られたとか

頑張らない人には

良い成果がやって来ないと信じている人がいます

果たしてそうでしょうか?

頑張るという言葉はかたくなに張るという意味です

成し遂げた成果には

自分だけの頑張りではなく

周囲の見守りや助けが必ずあります

かたくなに張った気持ちでは広い視野が持てず

自分よがりになってしまいます

人生は楽しんだもの勝ちです

努力や頑張りではなく

楽しいというゆるい気持ちで

周囲の人に感謝し

人生のリズムに乗りましょう

自分の世界の中心は自分ですが

自分の世界の周りには

たくさんの支えや守りがあります

偶然の出来事が積み重なって

今に繋がっています

偶然の出来事は果たして偶然でしょうか?

実は宇宙が用意したリズムなのではと思ったことはありませんか?

向かい風に向かって走るとなかなか進まないように

川の流れに逆らって泳ぐと溺れてしまうように

人生には帆を張ってうまく流れに乗る方がよいでしょう

頑なを張るのではなく

楽しみながら

人生の風や流れを感じながら帆を張るのです

人生の流れやリズムは

周囲への感謝の気持ちや広い視野を持つことで

誰でも直感で感じることができます

本当にこれで良いのかな?と不安に思ったら

是非、エグレットのセッションにいらしてください

宇宙のリズムの22年周期と

あなたが持って生まれた魂の本質を見てアドバイスします

*エグレット*

人生を思うように形づくる

一つの物事から次へ

またその次へと

つながっていくのが人生です

両親がいて

自分という存在が生まれて

人生というものごとの

連鎖が続いていきます

人生という大きな流れで見ると

「こういう星の下に生まれたから、私の人生はこうなんだわ」

と思ってしまうこともあります

ですが本当は

期間というひと固まりの時の繋がりが

人生を形作っているんだと捉えると

人生は思うように作り変えていくことができることに気がつきます

例えば

親子間の問題を抱える人には

親に育てられた期間が例え自分にとって不遇だったと感じても

大人になった今は

自立した期間として人生を形作ることができます

幼少期、成長期、青年期、中年期、老年期

と人生は流れて行きますが

それだけではありません

人生で不幸だと感じる期間があったとしても

その期間を終わらせて

良い方向へと人生のベクトルを向けることは

いつだって可能なのです

そうして上向きになった人生のベクトルを

維持していく事もできるのです

あなたの人生の期間を

どういう風に割り振って形作っていくか

エグレットではアドバイスしています

人生の資質となる元と

流れを見て

何を目指していくのかを鑑定します

自分が思うように生きるのが人生であり

次にどう繋げていくか

未来をアドバイスします

*エグレット*

自分の人生を愛してやまないこと

「占いは悪い結果が出たら怖いからやらない」

と言う言葉をよく聞きます

生前に用意された人生の

良し悪しを告げるのが

占いという風に思われているからでしょうか

自分で用意してきた人生のあらすじには

出来事というイベントが用意されており

それにどう行動を起こすのかが

自分の人生を生きるということになります

占い師の仕事とは

どの時期にイベントが起こるのかを教え

どうアクションするのかの選択肢を

指し示す(アドバイスする)ことです

神社の話やお札の貼り方

どこに行けば開運するなどの知識を話すことが

占い師のようにされている場合も見受けられます

そういった話はあくまで物質社会の話であり

占いではありません

世の中には怒りの感情が湧くような出来事も多々あり

テレビなどで常に話題にされています

怒りの感情を内に持つと

本来人に備わった

直感というものが降りてこなくなります

人生で起きるイベントを

運よく、楽しみながら乗り越えていくには

喜怒哀楽の喜びと楽しいを選択して

日々を過ごすことがキーポイントになってきます

1日の始まりに

今日また新たに始まる自分の人生を

愛すること

自分の人生を愛してやまない感情で

1日をスタートすることが

開運です

自分の人生を愛してやまない感情で毎日をスタートして

波動を高めることは

誰にでも出来る、誰にでも備わった能力です

*エグレット*

時間の許す限り

エグレットを訪れる方の質問の多くに

「自分は何のために生まれてきたのか?」

というものがあります

哲学的な質問でなかなか親しい人同士で話題にできるようなものではないと思いますが

人生の中で誰もが考える時を迎える時期があります

質問の答えは“経験を積むため”です

人生のあらすじは自分で決めて生まれてきます

良い出来事も悪い出来事もすべてです

その出来事にどうアクションするか

どう反応するかが

今回の人生を決めていきます

定まった道を歩かされているように感じる方もいますが

自分で選んで歩いています

そして人生という道を歩きながらハートは磨かれていきます

波動を高め、クリアになってまた還っていくためです

大きな出来事や何か成し遂げることだけが

ハートを磨くわけではありません

日常の一つひとつを大切にすることが魂をクリアにしていきます

綺麗な景色を見ることだけでも波動は高まります

歳をとってもずっとこの世を離れる瞬間までハートを磨き続けることができます

家の中に差し込む陽の光にも波動を高める美しさがあります

セミの声をうるさいという方もいますがセミの声も地球を癒す音であり

それを聞くことによって体は癒されているのです

景色を見て愛を溜めることを時間が許す限り続けます

それが自分の生まれてきた意味でもあるからです

*エグレット*